2007年09月27日

花嫁の悩み

新婦のマリッジブルーが高じて新郎までもがマリッジブルーになってしまうケース。これもけっこう多いようです。
近頃は出来ちゃった結婚が多いですよね。だからマリヂブルーとマタニティーブルーの両方に悩まされる女性も多いようです。
こんな時、男性も悩んでしまいますよね。

予期せぬ妊娠、妊娠による体調不良など、結婚式までの予定や準備も微妙に狂ってきます。
スレンダーなドレスを着たかったのに・・・など、些細なことで気持ちは落ち込んできます。
結婚して一生彼を愛し続ける事ができるのか、愛され続ける事ができるのか。そんな不安を感じている間にも日に日にお腹の子供は大きくなって情緒不安定になってしまう。

このマタニティブルーが高じると、彼女は彼の愛を信用することができなくなったりするそうです。
それまで信じて疑わなかった彼の愛をです。以前はメールや面と向って、愛している、と伝えてきた彼女が、「本当に愛しているかわからない」などと口にすることも。

そういうときにこそ、男性は自身の包容力が試されます。
何も言わず、優しくただ笑顔で見守ってやってほしいですね。
それでも辛抱強く包んであげることが大切なのですが、長引くと新郎自身も耐えきれずにマリッジブルーになってしまうとほんとにたいへんです。

ラベル:花嫁
posted by マリッジブルー at 23:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。